電磁波防護の仕組み

MGワークベストの電磁波防護の仕組みとは---EMSパッドで「交流磁界」、高周波防護ベストで「無線電波」を遮蔽し、ペースメーカの不適切作動を防止します

EMSパッドは、交流磁界を遮蔽します。ペースメーカ・ICD・CRT本体内部のテレメトリコイルとリードが作るコイル面(輪の中)に交流磁界が入射されるとペースメーカ・ICD・CRTが不適切作動する原因となります。そのコイル面を覆うように体の前後に「EMSパッド」2枚配置しますと効率よく交流磁界が遮蔽されます。

また、コイル面の横から交流磁界が入射してきてもコイル面(輪の中)にはほとんど入射されないので、横からの交流磁界の影響は非常に少なく、むしろ回り込みによる前後からの入射の影響の方が大きいので、「EMSパッド」を前後に配置することが最適です。

EMSパッドについて

■他社製品との比較

MGワークベスト

施設内の設備や機器から発生する電磁波(交流磁界と無線電波)に対応しています。詳しくはペースメーカ・ICD・CRTに影響を与える可能性のある作業現場と電磁波を発生する機器の一覧をご覧下さい。

他社

他社では現在ペースメーカ・ICD・CRT電磁波防護服を取り扱っておりません。当社が世界で唯一のペースメーカ・ICD・CRT用電磁波防護服の製造メーカーです。