電磁波防護の基準

「MGワークベスト」の防護の基準をイラストで説明しています。

 影響防止が確認されているもの

・携帯電話/無線LA/ICOCA・Suica/電子レンジ

車上無線アンテナ・アマチュア無線局アンテナ

ゴルフ場のリモコンカート

ラジコン飛行機などの無線

 指導に従えば防護可能

IH調理器(電磁調理器)

IH炊飯ジャー

電気カミソリ/電動歯ブラシ・電気ドライヤー・家庭用電動工具

全自動麻雀卓

金属探知機(空港、施設)

盗難防止装置(図書館、家電店など)

エンジン類

農作業時

船舶・漁業

モーター類

モーター類

 電磁環境調査を行えば防護可能

電磁環境調査を行えば防護可能

電力設備

各種溶接

× 防護できないもの

1.感電

漏電している電気製品(電動工具、冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機、テレビ、テレビゲーム、パソコン)は防護できません。アースを取り付け漏電を防ぐ必要があります。(体に感じない程度の感電でも、ペースメーカ・ICD・CRTは誤動作します。)その他、体に電流を流す機器(体脂肪測定器、低周波治療器、電気治療器)からの感電も防護できません。

2.磁石類

磁石類(大きな磁石、磁気寝具マットや枕、磁気アクセサリー)はペースメーカ・ICD・CRTに直接押し付けない限り、問題はありません。

病院での検査や治療時について

病院で検査や治療を受ける際はMGワークベストを取り外して下さい。その際、必ずペースメーカ・ICD・CRTを装着していることを医師に伝え、医師の指示に従って検査、治療を行って下さい。


関連リンク

ご購入のご案内

▼お電話でのお問い合わせはこちら▼

TEL 0725-53-3270

※番号のお間違えのないようにご注意ください。
●受付時間:月曜~金曜 9:00~17:00(年末年始および祝祭日除く)