障害者雇用納付金と障害者雇用調整金のご案内

障害者雇用納付金と障害者雇用調整金のご案内201名を超える従業員を雇用している事業主は障害者の法定雇用率1.8%を下回っている場合障害者雇用納付金の支払い義務が発生し、1.8%を超えている場合は障害者雇用調整金が支給されます。

障害者雇用納付金の対象となる事業主は?

  • 1.業者数201名を超える事業所が、法定雇用率1.8%を下回っている場合
  • 2.201名~300名は月額1人あたり40,000円
  • 3.301名以上は月額1人あたり50,000円

障害者雇用調整金の給付対象となる雇用者は?

  • 1.業者数201名を超える事業所が、法定雇用率1.8%を上回っている場合
  • 2.月額1人あたり27,000円が支給される

助成金取扱いの窓口は?

独立行政法人「高齢・障害・求職者雇用支援機構」の都道府県にある直轄窓口または窓口業務を委託している関連協会にて申告・申請の受付・相談を行いますが、まずは最寄りのハローワークの事業主窓口でご相談されますと、その他の助成金も含めて案内して頂けます。

ハローワークの所在案内はこちら