注意したいこと

このマークがついているものは、当社のMGベストを着用されると防護性能があります。詳しくは、性能一覧表をご覧下さい。

このマークがついているものは、当社のMGエプロンを着用されると防護性能があります。詳しくは、性能一覧表をご覧下さい。


食事に制限はありません。

暴飲暴食を避け、糖分の取りすぎに注意しましょう。

旅行に制限はありません。

空港の金属探知器に反応することがあります。

ペースメーカ・ICD植え込み部を清潔にする

清潔に保つ必要がありますが、強くこするなどしないようにしましょう。

電気機器が多い職場や肉体労働をする場合は担当の医師に相談する

漏電している電気機器に絶対に触れない

電気機器にはアースを必ず取り付けて下さい。感電によりペースメーカ・ICDが故障する場合があります。

強い電磁波が発生する場所に近づかない

各種溶接機、誘導型溶鉱炉、発電施設、レーダー基地、強い電磁波を発生する機器には近づいてはいけません。めまい・ふらつき・動悸など身体に異常を感じたら、すぐにその場からはなれましょう。

身体に電気を通すものは使用しない

電気風呂、肩こり治療器などの低周波治療器、高周波治療器、医療用電気治療器等は使用しないで下さい。

電気機器の修理には十分注意して行う

感電のおそれがありますので、注意してください。

腕を激しく動かす運動や作業などは担当の医師に相談する

ぶら下がり健康器の使用、ザイルを使用する登山は避けるようにしましょう。運動や仕事の種類によっては、リードの損傷などの原因となることがあります。

磁気類をペースメーカ・ICDに近づけない

ペースメーカ・ICD植え込み部分を圧迫しない

腹部にペースメーカ・ICDを植え込んでいる場合、鉄棒などすると、リード線が損傷する場合があります。また、胸部植え込み部位をシートベルトなどで圧迫しないようタオルなどで保護します。

腕に非常に重い荷物を持つことは避ける

激しいスポーツをするときは医師に相談する

手術後3ヶ月は無理な運動を避けます。また、激しいスポーツをする際は先に医師に相談しましょう。

自動車の運転については担当医師に相談する

平成14年5月16日に警察庁交通局運転免許課より交付された『運転免許の欠格事由の見直し等に関する運用上の留意事項等について(pdfファイル)』にて、ペースメーカ・ICD植え込み患者への運転に関する制限事項が制定されています。

IH調理器・IH炊飯器等を使うときはペースメーカ・ICDに近づけない

ペースメーカ・ICDをIH調理器などに近づけないようにしましょう。

盗難防止装置(EAS:電子商品監視機器)は立ち止まらずに通り過ぎる

図書館・書店・電気店等の出入り口に設置されていることがあります。カモフラージュされてわかりにくい場合もあるので注意が必要です。

携帯電話はペースメーカ・ICD植え込み部から15㎝以上離す

【携帯電話の操作・通話】植え込み部位から15cm以上離す。植え込み部位の反対側の耳に当てる。携行する場合、植え込み部位から15cm以上離して携帯または電源を切る。【自動車電話の場合】常にアンテナから30cm以上離す。

強い電磁波が発生する場所に近づかない

小型無線機、パーソナル無線機およびトランシーバは使用しない。

全自動麻雀卓・電動麻雀卓は使用しない

作動中のエンジン(内燃機関)に近づかない

エンジンのかかっている車のボンネットを開けてエンジン部分に身体を近づけたり、オートバイ、スノーモービル、モーターボート、可搬発電機、草刈機、耕運機など操作・運転する場合は露出したエンジンに近づかないようにしましょう。

空港の金属探知機に反応することがある

空港の金属探知機に反応することがあるので、ペースメーカ・ICD手帳を係員に提示、または伝えましょう。

ICOCA、SUICAは、ICカードの読み取り機から、12cm以上はなれる

※平成15年3月総務省「電波の医用機器等への影響に関する調査研究報告書」より。

家庭用電動工具

ペースメーカ・ICDの作動に影響を与え、身体に異常(めまい、ふらつき、動悸等)を起こすことがあります。

スマートキーシステム(キーを持っているだけでドアロックが解除できるシステム)のアンテナから、ペースメーカ・ICD植え込み部22cm以上はなれる

※平成18年3月31日厚生労働省、薬食安発第0331004号・薬食機発第0331001号「いわゆるスマートキーシステムと植込型心臓ペースメーカ・ICD等の相互作用に係る「使用上の注意」の改訂指示等について 」より。