調査方法と費用・見積り

調査/測定した結果に対して、当社と電磁環境・電磁波防護製品評価協会(略称EAE)で定めたガイドラインに従って評価をいたします。調査結果に対してEAEの安全評価マークが必要な場合はEAEに別途申請願います。調査方法によって費用は以下の通りとなります。 詳しくは見積依頼願います。

※ ペースメーカ・ICD等のEMIガイドライン EAEマーク認定基準
※ EAEの会員様は割引価格でご利用できます。 EAE入会規定案内

施設内ペースメーカ等影響調査
施設内ペースメーカ等電磁的影響調査は、ペースメーカ・ICD・CRTD・SICD等の装着者様を対象に、施設内で電磁的影響の有無を確認するために、ご依頼者様が指定する施設に当社調査員が測定器材を持ち込んで、各種機器の3種の電磁界調査(高周波電界強度・交流磁界密度・直流磁束密度)を実施し報告書を作成いたします。 さらに、ペースメーカ・ICD装着者様が安全に作業できるように「作業安全マニュアル」を作成し、マニュアルに従って当社が作業の安全を指導いたします。基本費用は以下の通りです。
  • ●「ペースメーカ・ICD等電磁波防護服導入調査票」による事前調査
    ※ペースメーカ・ICD等装着者様の植え込み情報確認
    ※ペースメーカ・ICD等装着者様が使用する設備や機器の確認
  • ● 施設内電磁測定
  • ● 測定対象機器:1~20機器
    ※測定数が20を超える場合は1機器毎に5000円(税別)が別途必要
  • ● 測定作業時間8時間以内(8時間を超える場合は別途見積)
  • ● 電磁界調査報告書作成 詳細はこちら
  • ● 作業安全マニュアルの作成 詳細はこちら
  • ● 使用電磁界測定機器と設備 詳細はこちら
  • ELT-400型 磁界曝露レベルテスタ(購入価格約120万円
    NBM-520型 高周波電磁界測定器(購入価格約120万円)
    テスラメータTM-701(購入価格約10万円)

基本費用
¥600,000(税別)

EAE会員基本費用
¥450,000(税抜)
出張旅費は別途請求

見積依頼はこちら

導入事例はこちら