作業安全確認調査


施設内の作業安全マニュアル作成


測定員による実地調査で電磁波影響の危険性が高い施設内の電磁環境調査と作業安全確認を実施。電磁波影響の危険性が低い場合でも企業コンプライアンスや産業医や事業所の指導により、厳密な労働安全性を確保する必要がある判断した場合に行います。電磁波防護服を導入する際に、ペースメーカ・ICDに対する施設内の設備や機器の影響調査と、電磁波防護服実証確認試験による安全確認を各種測定機器、人体ダミーを用いて行います。後に評価試験報告書、作業安全マニュアルを作成。※報告書は調査対象機器の数により15ページ前後となります。

調査結果に基づいて作業安全マニュアルを作成いたします。
作業安全マニュアルは調査対象機器の数により8ページ前後となります。

作業安全マニュアル

お問い合わせ窓口はこちら

上記詳細内容は当社までお問い合せ下さい。