電磁波シールド性能

「EMSボックス」で使用している遮蔽素材「EMSパネル」はペースメーカ防護服にも使用されており、磁界シールド性能が非常に高いにもかかわらず、厚さが0.7mm(5層タイプ)しかなく、その上軽量なのが大きな特長です。従来はこのような磁界シールド性能を得るには磁性材の厚みや質量が必要で、装備や着用に不向きでした 。また、部屋をシールド施工する際、建築重量制限に引っかかり施工できないケースもありました。

本来はペースメーカ装着者への磁界防護が目的だったのですが、加工のしやすさから大学や企業の研究室などで多く使われるようになってきました。※EMSパネルは単体でも販売しております。

低周波磁界を反射・迂回させる

静磁界から数十GHzの高周波電磁波を遮断低周波磁界シールドにお勧めです。広帯域で電磁シールドが必要なときに内装パネルとしてご利用下さい。

▲ 拡大断面図(倍率:8倍)

アルミフィルム3層と高透磁率ナノ結晶磁性材シート2層の5層タイプ(厚み0.7mm)アルミ2層と磁性材シート1層の3層タイプ(厚み0.3mm)の2種類があります。

EMSボックス シールドデータ

低周波磁界 50Hz ~ 400kHz
試験実施日 2016年10月12日
試験対象製品 シールドボックス(EMSパネル仕様) 外寸:W45xD45xH44cm
測定機器
  • NardaS.T.S社製 磁界曝露レベルテスタ ELT-400
  • Tekttronix社製 オシロスコープ TDS3014B
測定方法 シールドボックス内に測定器(NardaS.T.S社製ELT-400) を設置し、ボックス外部から照射した電磁波を測定器と接続されたオシロスコープで測定し3軸計算により算出した。
測定結果
  • 周波数50Hz~400kHz時
  • 遮蔽率:20~45dB以上

高周波電界 1MHz ~ 1000MHz
試験実施日 2016年10月12日
試験対象製品 シールドボックス(EMSパネル仕様) 外寸:W45xD45xH44cm
測定機器
  • NardaS.T.S社製 高周波電界測定器 NBM-520
  • NardaS.T.S社製 解析ソフト NBM-TS
測定方法 シールドボックス内に測定器(NardaS.T.S社製NBM-520) を設置し、ボックス外部から照射した電磁波を測定器と接続されたPCでNardaS.T.S NBM-520専用の解析ソフトを用いて記録し算出。
測定結果
  • 周波数1MHz~1000MHz時
  • 遮蔽率:30~50dB以上

EMSボックスのQ&Aはこちら