電磁波防護の仕組み

IH安心エプロンの電磁波防護のしくみ

EMSパッドは従来製品ではまったく防護性能がなかった IHクッキングヒーター(IH調理器)などから発生する低周波磁界を遮蔽します。磁性体層、導電体層、絶縁体層が複合することにより、低周波磁界のエネルギーが迂回させます。 さらに反射、吸収を繰り返し低周波磁界を減衰させます。

磁界シールドは磁性材だけでは十分な性能を得るには厚みが必要になります。磁界遮蔽効果の理論式に基づき透磁率の高い磁性素材と導電率の高い導電素材、さらに絶縁素材を多層化することにより、より効率的な薄型の磁界遮蔽素材EMSパッドを開発しました。(参考:EMSパッド素材性能試験)

EMSパッドについて

EMCパッド

電磁波シールド「EMSパッド」の構造

3層(厚み約0.3mm) EMSパットサイズ
「電磁波カット率99%(素材値)
EMSパッド3層

胸部・腹部用(3層)

  • 30.5×45cm

さらにラミネート加工を施していますので一般用に比べて強度がアップしています

EMSパッドの磁界遮蔽性能(素材値)

下の電磁波シールドグラフは周波数30Hz~100KHzに於ける「遮蔽磁界強度」を測定したものです。 薄い赤色の部分がIHクッキングヒーター(IH調理器)から発生する最も強い周波数帯をあらわします。EMSパッドは従来品ではまったく防護性能がなかった、IH調理器などから発生する低周波磁界を遮蔽します。

電磁波を遮蔽します。

電磁波シールドグラフ

性能試験データについてはこちら