会社案内 調査・試験 製品情報 ペースメーカ・ICD装着者生活サポート情報 ご購入のご案内
トップ会社案内調査・試験 > 電磁界測定機器・設備
調査・試験の概要
作業所内ペースメーカ
  影響調査
各種機器のペースメーカ
  影響調査
人体暴露電磁環境調査
電磁波防護製品性能
  評価試験
電磁界測定機器・設備


■ELT-400型 磁界曝露レベルテスタ
ICNIRP2010対応Narda S.T.S.社(ドイツ)製


1Hz〜400kHzの低周波磁界強度測定器です。
外部出力端子からの出力によりオシロスコープでの波形解析が可能。あらゆる波形について曝露評価することができます。

ICNIRP ガイドラインとの相対強度測定。
磁束密度(テスラ)測定。
IEC/EN62233規格に適合した測定が可能です。

3軸式等方性3cm²プローブで、空間分解能力高い測定が可能です。


■NBM-520型 高周波電磁界測定器
         Narda S.T.S.社(ドイツ)製

「NBM-520型 高周波電磁界測定器」は、プローブによって100kHzから60GHzの周波数帯域における電界または磁界を高精度に測定する等方性電磁界測定器です。

≪プローブを新規導入しました≫
■測定可能周波数範囲
100kHz〜60GHz
…5GHzのWiFi電波はもちろん、衛星通信やレーダーまで測定が可能。  

≪特徴≫
●3つのセンサを搭載したプローブによる完全な等方性
●6分間平均値の測定が可能
●空間平均値の測定が可能

■テスラメータTM-701 カネテック(日本製)

≪特徴≫
●直流磁束密 度極性(N ・S )
 交流磁束密度(50 /60Hz )を検出
●測定範囲0 〜3000mT
●デジタル・アナログ出力用端子(外部出力端子)付き


■スペクトラムアナライザ

周波数別に電磁界強度を測定する装置です。

空気中と電磁波防護素材とで電磁界強度を周波数別に比較し、 電磁波防護素材の周波数別シールド効果を測定します。

≪新規機種を追加導入しました≫
・アドヴァンテスト社製 U3771 31.8GHz対応


■オシロスコープ

電気信号の変化の様子を確認する装置です。

オシロスコープは時間を軸に想定を行います。

≪新規機種を追加導入しました≫
・キーサイト社製 DSOX3014T
 100MHz対応4chタイプ

■体内型ファントム

 人体型ファントム内に、上方から3軸磁界プローブを挿入し、人体内部の電磁界強度分布を測定する装置です。

防護服がない場合と、ある場合とで、人体内に浸透する電磁界強度を測定することが可能です。

また、ペースメーカを実際に装着し、電磁波による影響の有無や防護服の効果を確認することが出来ます。

■イルニッヒ・ファントム

 心臓ペースメーカの電磁障害を調査するのに、よく使用されるシミュレータです。

 イルニッヒ氏が開発しました。持ち運びが簡便であり、ペーシングリードがより電磁波を受けやすい構造となっています。

 イルニッヒ・ファントムで心臓ペースメーカに不適切作動が生じなければ、その場の電磁環境は電磁的に安全である可能性が高いといえます。

 弊社では人体型ファントムとイルニッヒファントムの両方を用いて試験の検証をしております。

■電波暗室
(電波全無響室並びに電波半無響室)

外来ノイズを遮蔽し、機器から発生する正確な電磁ノイズを測定する際に使用します。
上記以外にも、依頼に応じた測定器や測定治具などを取りそろえております。

調査・試験トップはこちら
↑このページの一番上へ戻る
お客様サポートカタログ請求ご利用条件特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシーサイトマップ