会社案内 調査・試験 製品情報 ペースメーカ・ICD装着者生活サポート情報 ご購入のご案内
トップトピックス > 日常生活用具
ペースメーカ・ICDを
  植え込まれた方へ
ペースメーカ・ICD装着者
  を雇用される事業主様へ
行政情報
ホームページを理解
  するための用語解説
植込型心臓ペースメーカ
電磁波によるペースメーカ
  ・ICDの不適切作動
ペースメーカ・ICDに
  影響を与える電磁波とは
電磁波以外にペースメー
  カ ・ICDに与える影響
盗難防止装置によるペースメーカ・ICDの不適切作動
電磁波防止と電磁波防護
AED
  (自動体外式除細動器)
ICD (植込型除細動器)
医療機器
福祉用具
補装具
自助具
日常生活用具
機能訓練用具


日常生活用具
 日常生活用具とは、次の3つの定義を全て満たすものとされています。

1)安全かつ容易に使用できるもので、実用性が認められるもの。
※「安全活用医に使用できるもの」とは、選定や使用に当たって障害者自身や市町村職員等で判断ができるものをいう。

2)日常生活上の困難を改善し、自立を支援し社会参加を促進するもの。
※「日常生活の困難」とは、日常生活のために行う基本的な毎日のようにくり返される活動上の困難をいう。

3)制作や改良、開発に当たって障害に関する専門的な知識や技術を要するもので、日常生活品として一般的に普及していないもの。
※「日常生活品として一般的に普及していないもの」とは、一般市場では入手が困難であり、主に当該障害を有する人のために使うものをいう。

  日常生活用具は重度の身体障害者・知的障害者が対象者となります。ペースメーカ装着者は3級以上の障害等級となり、重度身体障害者の範疇に入ります。

 この日常生活用具の多くは行政により給付もしくは貸与品目になっており、補助金や介護保険の対象となっております。

 しかしながらペースメーカ装着者用電磁波防護服は一部の市区町村をのぞいて、現時点では補助金や介護保険の対象となっておりません。
※三重県四日市市はペースメーカ用電磁波防護服に対して「四日市市身体障害者福祉機器等購入費補助金交付制度」があり、20,000円の購入補助金が支給されています。
※東京都墨田区と港区では「日常生活用具の給付」制度により、20,000円までの購入補助(現金給付ではありません)を受けることが出来ます。



※用語を一般の方に解りやすく説明するため、研究者や専門家の方にとっては厳密性を欠く表現となっております。この点をご理解を頂いた上、より正確で解りやすい表現がございましたらご意見ほどよろしくお願い致します。
←トピック目次へ
↑このページの一番上へ戻る
お客様サポートカタログ請求ご利用条件プライバシーポリシーサイトマップ