会社案内 調査・試験 製品情報 ペースメーカ・ICD装着者生活サポート情報 ご購入のご案内
menu
トップ製品情報EMC(電磁両立性)対策人体用MGネット > 抗菌性
ペースメーカ・ICD用
医療・衛生用品
特殊電磁シールド素材
人体用MGネットについて
  特長
  電磁シールド性能
  導電性とその他の物性
  抗菌性
  蓄熱・輻射熱性能
使用例
Q&A
安全にお使い頂く為に
ご購入のご案内
 オンラインでご購入
 お電話にてご購入
EMC(電磁両立性)対策
一般用電磁波防護用品
以下の通り財団法人日本化学繊維検査協会大阪事業所にて抗菌試験を実施した
試験品 MGネット
試験機関 財団法人 日本化学繊維検査協会 生物試験センター
試験内容 抗菌性
試験方法 統一試験法(シュークフラスコ法、菌数計数法)
試験基準
(減菌率)
SEK規格では静菌活性値が 2.2以上で良好とされます。本生地は 5.8以上あり、非常に抗菌性が良いと判断されます。
※SEK規格とは繊維製品新機能強化協議会の規格で以下が要件となる。
1.対象製品・・・繊維関連製品
2.表示方法・・・「繊維上の細菌の増殖を抑制します」と表示または
「SEKマーク」の表示
3.試験方法・・・統一試験法(菌液吸収法)JIS L1902試験法に準ずる
4.評価基準(減菌率)・・・2.2以上(統一試験法)
5.安全規格・・・化審法の急性経口毒性、皮膚感作性、皮膚一次刺激性等
供試菌 黄色ブドウ球菌・Staphylococcus aureus ATCC 6538P
肺炎桿菌・Klebsiella pneumoniae ATCC 4352
MRSA・Methicillin Resistant Staphylococcus Aureus IID 1677
大腸菌・Escherichia coli O157:H7 ATCC 43888
緑膿菌・Pseudomonas aeruginosa NBRC 3080
洗濯方法 高温加速洗濯法(但し、JAFET標準配合洗剤を使用)
 
試験結果データ
 黄色ブドウ球菌▼
試   料 生菌数 静菌活性値 殺菌活性値
 MGネット (原品) 20以下 5.8以上 3.1以上
  〃    (洗濯10回後) 20以下 5.8以上 3.1以上
  〃    (洗濯50回後) 20以下 5.8以上 3.1以上
 ナイロン標準白布(接種直後) 2.5×104 ------ ------
 ナイロン標準白布(18時間後) 1.2×107 ------ ------
 肺炎桿菌▼
試   料 生菌数 静菌活性値 殺菌活性値
 MGネット (原品) 20以下 6.1以上 3.0以上
  〃    (洗濯10回後) 20以下 6.1以上 3.0以上
  〃    (洗濯50回後) 20以下 6.1以上 3.0以上
 ナイロン標準白布(接種直後) 2.2×104 ------ ------
 ナイロン標準白布(18時間後) 2.4×107 ------ ------
 MRSA▼
試   料 生菌数 静菌活性値 殺菌活性値
 MGネット (原品) 20以下 5.6以上 3.0以上
  〃    (洗濯10回後) 4.0×101 5.3 2.6
  〃    (洗濯50回後) 1.2×104 2.9 0.2
 ナイロン標準白布(接種直後) 1.8×104 ------ ------
 ナイロン標準白布(18時間後) 8.7×106 ------ ------
 大腸菌▼
試   料 生菌数 静菌活性値 殺菌活性値
 MGネット (原品) 20以下 5.9以上 3.0以上
  〃    (洗濯10回後) 20以下 5.9以上 3.0以上
  〃    (洗濯50回後) 20以下 5.9以上 3.0以上
 ナイロン標準白布(接種直後) 2.0×104 ------ ------
 ナイロン標準白布(18時間後) 1.7×107 ------ ------
 緑膿菌▼
試   料 生菌数 静菌活性値 殺菌活性値
 MGネット (原品) 20以下 6.0以上 3.0以上
  〃    (洗濯10回後) 20以下 6.0以上 3.0以上
  〃    (洗濯50回後) 20以下 6.0以上 3.0以上
 ナイロン標準白布(接種直後) 2.2×104 ------ ------
 ナイロン標準白布(18時間後) 2.1×107 ------ ------

保温・放熱性は こちら
↑このページの一番上へ戻る
お客様サポートカタログ請求ご利用条件プライバシーポリシーサイトマップ