会社案内 調査・試験 製品情報 ペースメーカ・ICD装着者生活サポート情報 ご購入のご案内
menu
トップ製品情報EMC(電磁両立性)対策EMSパネル > 電磁波シールド性能
ペースメーカ・ICD用
医療・衛生用品
特殊電磁シールド素材
next EMSパネルについて
  特長
  電磁シールド性能
使用例
Q&A
安全にお使い頂く為に
ご購入のご案内
 オンラインでご購入
 お電話にてご購入
EMC(電磁両立性)対策
一般用電磁波防護用品




上の電磁波シールドグラフは周波数30Hz〜300KHzに於ける「遮蔽磁界強度」を測定したものです。

EMSパネルは従来の皮膜素材ではほとんど遮蔽性能がなかった 交流電流やIH調理器などから発生する低周波磁界を遮蔽します。

下のグラフは高周波電磁波のイズに於けるKEC法で計測した電界シールドデータです。
電磁波を遮蔽します。



理論的な裏付け

1. 電磁遮蔽効果の理論式

電磁遮蔽効果Sの理論式を下記に示す。




Sが大きいほど、電磁遮蔽効果は高くなる。したがって電磁シールド素材にはδが大きな素材を選ぶ必要がある。EMSパッドには、高透磁率磁性材シート(120μm厚)を使用した。
 
2. 素材の多層化による電磁遮蔽率の向上

素材を多層化したときの電磁遮蔽効果Sの理論式を下記に示す。
 Sが大きいほど、電磁遮蔽効果は高くなる。電磁シールド素材を積層化させることにより、電磁シールド性能が向上する。EMSパネルは、アルミニウム箔と高透磁率磁性材シートの5層構造で構成されている。
 
3. 遮蔽磁界強度測定試験

遮蔽磁界強度の測定には下記の方法を用いる[図2]。トラッキングパルスを送信ループアンテナから送信、被測定素材を隔てた受信ループアンテナにて受信し、遮蔽強度を測定する。

▲ 図2 遮蔽磁界強度測定試験方法
 EMSパネルの遮蔽磁界強度測定試験結果を図3に示す。
本シートは、アルミニウム箔と高透磁率磁性材シートの5層構造で構成することにより、0.7mmの厚さにもかかわらず、素材値における遮蔽磁界強度測定試験において、100Hzから300Kzの低周波電磁界で最大60dB(99.9%)程度の遮蔽率が確認された。IH電磁調理器から発する低周波電磁界は20kHz〜30kHzがもっともエネルギーが強いのを確認しており、その付近の遮蔽率は60dB(99.9%)あると確認された。


▲図3 シールド性能の測定データ
(※注10の2乗の対数目盛なので均一ではない)

参考文献:最新 電磁波の吸収と遮蔽,日経技術図書

使用例は こちら
 
↑このページの一番上へ戻る
お客様サポートカタログ請求ご利用条件プライバシーポリシーサイトマップ