会社案内 調査・試験 製品情報 ペースメーカ・ICD装着者生活サポート情報 ご購入のご案内
menu
トップ会社案内研究開発IH調理器各種試験 > IH調理器
ご挨拶
企業理念
会社概要
会社沿革
研究開発
  研究設備
  各種試験データ
  素材性能試験
  電磁波防護服
   基本性能試験
  ペースメーカ実機試験
  ICD実機試験
  IH調理器各種試験
  IH調理器電磁界調査
  IH安心エプロン電磁波
   防護試験
  学会発表等
  公的認定と補助金
  共同研究機関
事業紹介
販売代理店


IHクッキングヒーター(IH調理器)の電磁界測定
目的方法結果考察結論
 
1. 目的
 IHクッキングヒーターから漏洩する電磁波が、どのような周波数分布となっているかを測定し、その漏洩電磁界に対して遮蔽性能が大きい電磁波シールド材を開発する。
↑このページの一番上へ戻る
 
2. 方法
 IHクッキングヒーターとアンテナを図1及び図2のように設置した。アンテナには直径65mmのループアンテナを用い、スペクトラムアナライザ(ADVANTEST社製R3132)に接続した。測定した周波数の範囲は10kHzから1MHzまでとした。
図1:
設置位置(上から見た図)



図2:
設置位置(側面から見た図)
 
↑このページの一番上へ戻る
 
3. 結果
 測定した結果、IHクッキングヒーターから漏洩する電磁波で最大となる周波数は22kHz付近であった。

図2 IHクッキングヒーターの周波数分布
 
↑このページの一番上へ戻る
 
4. 考察
 IHクッキングヒーターからは20〜30kHzを中心として、300kHzを超える幅広い周波数の電磁波が発生していることが分かった。
 
↑このページの一番上へ戻る
 
5. 結論
 IHクッキングヒーターからは20kHz付近の低周波電磁波が強く発生している。ペースメーカを防護するには低周波電磁波をシールドしなければならない。
 当社が開発他EMSパネルは静磁界からGHzの広い範囲で、電磁界をシールドする性能を持っている。
IH安心エプロン電磁波防護試験は こちら
↑このページの一番上へ戻る
お客様サポートカタログ請求ご利用条件プライバシーポリシーサイトマップ