会社案内 調査・試験 製品情報 ペースメーカ・ICD装着者生活サポート情報 ご購入のご案内
menu
トップ会社案内研究開発各種試験データ > ペースメーカ 実機試験
ご挨拶
企業理念
会社概要
会社沿革
研究開発
  研究設備
  各種試験データ
  素材性能試験
  電磁波防護服
   基本性能試験
  ペースメーカ実機試験
  IH調理器
  盗難防止装置
  無線
  インパルスノイズ
  ICD実機試験
  IH調理器各種試験
  学会発表等
  公的認定と補助金
  共同研究機関
事業紹介
販売代理店
ペースメーカ実機試験

人体を模擬した人体ファントムや、実際のペースメーカなどを用いて、電磁波防護製品の防護効果を検証しております。 ※すべての機器に対する試験結果ではございません。
IH調理器 EAS(電子商品監視機器:盗難防止装置)

無線
 インパルスノイズ

ペースメーカ実機試験 試験条件等
人体ファントムイルニッヒ・ファントムペースメーカの設定について
誤作動判定について測定系および擬似心電位発生器について
 
1. 人体ファントム
人体型ファントムとは、日本人男性の標準体型を模擬したアクリル製の半身中空模型内に、電磁気的に人体組織を模擬した0.18重量%の塩水を入れたものである。(写真1)  人体型ファントムの左鎖骨下にPM本体とペーシングリードを設置した。ペーシングリードの形状は、心室の電極を植え込んだ場合を模擬した。
写真1 人体型ファントム
↑このページの一番上へ戻る
 
2. イルニッヒ・ファントム
 Werner Irnich考案による生体モデル(図1)であり、図にあるサイズの直方体の容器に、電磁気的に人体組織を模擬した0.18重量%の塩水を入れたものである。


参考文献: Irnich, W.: Interference in Pacemakers. PACE, Vol.7, November-December 1984, Part I, pp.1029-1048.
 
↑このページの一番上へ戻る
 
3. ペースメーカの設定について
レートはすべて50 ppmとし、モードはVVIの単極ペーシングとした。感度はそれぞれ設定できる最高となる値とし、不応期はそれぞれ設定できる最短の値とした。つまり、一番誤動作が生じやすい設定とした。
 
↑このページの一番上へ戻る
 
4. 誤動作判定について
下記のいずれかの誤動作が生じた場合、誤動作と判定します。
  1. 擬似心拍を入力しない状態で、心臓が止まっていて、ペースメーカの作動が必要にも関わらず、電磁波を心拍と誤認し、ペースメーカが止まってしまうこと。
  2. 擬似心拍を入力した状態で、電磁波によって、擬似心拍をペースメーカが感知することができなくなり、ペースメーカが心臓が動いているにも関わらず、不要な刺激を発生すること。
 
↑このページの一番上へ戻る
 
5. 測定系および擬似心電位発生器について
 ペーシングリードの先端にプローブを設置し、ケーブルを伝って測定器に接続した。このケーブルとプローブを用いて、ペーシングパルスの検出及び擬似心電位入力を行う。(図2)
測定器には、データ収集機のキーエンス社製NR-2000を用いた。擬似心電位発生装置から入力する擬似心電位波形はSin二乗波とした。振幅はペースメーカが応答し始める最小の振幅の約2倍とする。

図1 人体型ファントムと測定装置類の接続
 
↑このページの一番上へ戻る
IH調理器実機試験は こちら
↑このページの一番上へ戻る
お客様サポートカタログ請求ご利用条件プライバシーポリシーサイトマップ