会社案内 調査・試験 製品情報 ペースメーカ・ICD装着者生活サポート情報 ご購入のご案内
menu
トップ会社案内研究開発各種試験データペースメーカ実機試験 > 無線機に対するPM誤動作防止効果
ご挨拶
企業理念
会社概要
会社沿革
研究開発
  研究設備
  各種試験データ
  素材性能試験
  電磁波防護服
   基本性能試験
  ペースメーカ実機試験
  IH調理器
  盗難防止装置
  無線
  インパルスノイズ
  ICD実機試験
  IH調理器各種試験
  学会発表等
  公的認定と補助金
  共同研究機関
事業紹介
販売代理店


MGベストの無線機に対するPM誤動作防止効果
目的方法結果考察結論
 
1. 目的
 本実験では、無線機から発せられる電磁波によるPMの誤動作を、MGベストが防止できるか試験評価した。
↑このページの一番上へ戻る
 
2. 方法
 人体型ファントムPMを設置し、図1のように対数周期アンテナを正対して設置した。無線機本体からの出力は60Wで、830MHzの搬送波に60Hzのパルス変調をかけたものとした。830MHzにした理由は、携帯電話の周波数を模擬するためであり、60Hzのパルス変調をかけた理由は、PMの基本レートを模擬し、誤動作を誘発させやすい条件とした。試験は電波暗室内で行った。

図1 人体型ファントムと対数周期アンテナ
 
↑このページの一番上へ戻る
 
3. 結果
試験の結果、誤動作が発生したペースメーカは、10機種中1機種である。(表1)
表1 誤動作発生数
ペースメーカ 防護服なし MGベスト着用
A 50cm (−)
 
↑このページの一番上へ戻る
 
4. 考察
 不法無線などではポールアンテナが使用されているので、ポールアンテナを使用した試験も必要である。また、不法無線は出力が1kWの無線機も存在するので、より高出力の無線機で試験する必要がある。
 
↑このページの一番上へ戻る
 
5. 結論
 MGベストは無線機から発射される電波を遮蔽し、PMの不適切作動を防止する効果があるという一例が示された。
インパルスノイズ試験は こちら
↑このページの一番上へ戻る
お客様サポートカタログ請求ご利用条件プライバシーポリシーサイトマップ