会社案内 調査・試験 製品情報 ペースメーカ・ICD装着者生活サポート情報 ご購入のご案内
menu
トップ会社案内研究開発各種試験データペースメーカ実機試験 > インパルスのイズに対するPM誤動作防止効果
ご挨拶
企業理念
会社概要
会社沿革
研究開発
  研究設備
  各種試験データ
  素材性能試験
  電磁波防護服
   基本性能試験
  ペースメーカ実機試験
  IH調理器
  盗難防止装置
  無線
  インパルスノイズ
  ICD実機試験
  IH調理器各種試験
  学会発表等
  公的認定と補助金
  共同研究機関
事業紹介
販売代理店


MGベストのインパルスノイズに対するPM誤動作防止効果
目的方法結果考察結論
 
1. 目的
 本実験では、0Hzから1GHzの広帯域にわたる電磁波を照射するインパルスノイズ試験を実施し、MGベストが誤動作防止性能を評価した。
↑このページの一番上へ戻る
 
2. 方法
 人体型ファントムPMを設置し、その上から直径200mmの(株)ノイズ研究所製ラディエーション・プローブを、PMが最も誤動作を起こし易い位置に配置する。(図1)  

 ノイズシミュレータ((株)ノイズ研究所製INS-400AX)(図2)から、繰返し方形波をラディエーション・プローブに注入し、不適切作動が生じるか観察する。(不適切作動の判定方法)  注入する繰返し方形波は、立上り時間 : <1ns、パルス幅:1μs、繰返し間隔:16ms、波高値:4kVとした。


図1 人体型ファントムとプローブ設置

図2 ノイズシュミレータ

試験したPMの数は3機種である。
 
↑このページの一番上へ戻る
 
3. 結果
3機種中1機種に誤動作がみられ、MGベストを着用すると、誤動作が消失した。(表1)
ペースメーカ 防護服なし MGベスト着用
A - -
- -
+ -
 
↑このページの一番上へ戻る
 
4. 考察
 インパルスノイズは電磁障害を引き起こす装置であり、MGベストが誤動作を防止できたことは、高い防護性能をあらわすといえる。
 
↑このページの一番上へ戻る
 
5. 結論
 MGベストはインパルスノイズに対しPMの誤動作を防止する効果があるという一例が示された。
ICD実機試験は こちら
↑このページの一番上へ戻る
お客様サポートカタログ請求ご利用条件プライバシーポリシーサイトマップ