会社案内 調査・試験 製品情報 ペースメーカ・ICD装着者生活サポート情報 ご購入のご案内
menu
トップ会社案内研究開発各種試験データ素材性能試験 > EMSパネル
ご挨拶
企業理念
会社概要
会社沿革
研究開発
  研究設備
  各種試験データ
  素材性能試験
 【MGネットの性能】
 ├ 製品仕様
 ├ 電磁波シールド試験
 ├ 導電性・物性試験
 ├ 抗菌性試験
 └ 蓄熱・輻射熱試験
 【EMSパネルの性能】
 ├ 抗菌性試験
 └ 蓄熱・輻射熱試験
  電磁波防護服
   基本性能試験
  ペースメーカ実機試験
  ICD実機試験
  IH調理器各種試験
  学会発表等
  公的認定と補助金
  共同研究機関
事業紹介
販売代理店


EMSパネル
素材仕様シールド性能
 
1. 素材仕様

 低周波磁界シールドシート「EMSパネル」は、導電素材と磁性素材を積層させることで、低周波磁界を減衰させる構造を持つ。「MG ネット」が低周波磁界に対してシールド性能を持たないため、広範囲の周波数帯域でのペースメーカに対する電磁干渉対策のために開発された[図1]。アルミニ膜と磁性膜の積層構造で構成されている。

 ペースメーカ電磁波防護服に使用されている5層タイプの「EMSパネル」は、0.7mmの厚さにもかかわらず、素材値の遮蔽磁界強度測定試験において、100Hzから300Kzの低周波電磁界で最大60dB程度の遮蔽率が確認された。

▲図1 EMSパネルの構造
 
↑このページの一番上へ戻る
 
2. 電磁波シールド性能

2.2. 電磁遮蔽効果の理論式

電磁遮蔽効果Sの理論式を下記に示す。




 Sが大きいほど、電磁遮蔽効果は高くなる。したがって電磁シールド素材にはδが大きな素材を選ぶ必要がある。EMSパネルには、高透磁率磁性材シート(120μm厚)を使用した。
 
2.3. 素材の多層化による電磁遮蔽率の向上

 素材を多層化したときの電磁遮蔽効果Sの理論式を下記に示す。
 Sが大きいほど、電磁遮蔽効果は高くなる。電磁シールド素材を積層化させることにより、電磁シールド性能が向上する。EMSパネルは、アルミニウム箔と高透磁率磁性材シートの5層構造で構成されている。
 
2.4. 遮蔽磁界強度測定試験

 遮蔽磁界強度の測定には下記の方法を用いる[図2]。トラッキングパルスを送信ループアンテナから送信、被測定素材を隔てた受信ループアンテナにて受信し、遮蔽強度を測定する。

▲ 図2 遮蔽磁界強度測定試験方法
 EMSパネルの遮蔽磁界強度測定試験結果を図3に示す。
 本シートは、アルミ膜と磁性膜を5層構造で構成することにより、0.7mmの厚さにもかかわらず、素材値における遮蔽磁界強度測定試験において、100Hzから300Kzの低周波電磁界で最大60dB(99.9%)程度の遮蔽率が確認された。IH電磁調理器から発する低周波電磁界は20kHz〜30kHzがもっともエネルギーが強いのを確認しており、その付近の遮蔽率は60dB(99.9%)あると確認された。


▲図3 シールド性能の測定データ
(※注10の2乗の対数目盛なので均一ではない)

参考文献:最新 電磁波の吸収と遮蔽,日経技術図書
 
電磁波防護服基本性能試験は こちら
 
↑このページの一番上へ戻る
お客様サポートカタログ請求ご利用条件プライバシーポリシーサイトマップ