会社案内 調査・試験 製品情報 ペースメーカ・ICD装着者生活サポート情報 ご購入のご案内
トップ製品情報ペースメーカ・ICD・CRT用品MGワークベスト > Q&A
ペースメーカ・ICD用
MGワークベストについて
電磁波防護の仕組み
EMSパッド
素材・サイズ
着用方法
洗濯・お手入れ
  ・保管方法
学会発表等
電磁波を発生する機器
  から対応製品を選ぶ
性能一覧表
通信機器
電気製品
家庭用その他機器
外出先
仕事場通信機器
仕事場高電圧機器
医療検査機器
医療治療機器
電磁波防護の基準
◎影響防止確認済のもの
〇指導に従えば防護可能
〇電磁環境調査を行えば
   防護可能

×防護できないもの
施設内ペースメーカ
  影響調査
調査対象施設
調査方法
 ・使用設備・機器書面調査
 ・施設内電磁界測定調査
 ・作業安全確認調査
導入事例
MGワークベストQ&A
製品の内容について
製品の取扱いについて
電磁波について
安全にお使い頂くために
品質保証
医療用電磁波防護服
特殊電磁シールド素材
EMC(電磁不干渉)対策
一般用電磁波防護用品



■電磁波の影響について
 
MG_0001
Q
ペースメーカ・ICD・CRTの電磁波干渉の問題で、就労制限を受けています。MGワークベストを着れば働けますか?
A 問題ございません。作業環境に応じた検査を行っております。詳しくは製品導入サポートの項目をご覧ください。
   
MG_0004
Q
カーナビはペースメーカ・ICD・CRTに影響があるでしょうか?
A カーナビは問題ありません。
   
MG_0005
Q
バイクの運転はペースメーカ・ICD・CRTに影響しますか?
A オートバイに乗車するだけでも、ペースメーカ・ICD・CRTがレートレスポンス機能(身体の状況に応じて脈拍速度を調整する機能)を採用している場合、レート(脈拍)が上昇する場合があります。レートレスポンス機能を採用している場合はバイクの乗車は見合わせた方がいいでしょう。
整備点検する際には、稼働中のエンジン部分には、近づかないようにして下さい。
また、トラックなどが搭載している車上無線アンテナのそばに近づくと無線電波によりペースメーカ・ICD・CRTに影響が出るおそれがあります。
上記の問題はMGワークベストを使用して頂くと電磁障害を回避できます。
   
MG_0006
Q
オートバイの排気量と電磁波の影響は、排気量が大きければ影響が強いという相関関係はあるのでしょうか。
A エンジン部分の電磁波は主に点火プラグより発生するスパークノイズです。
排気量より気筒数やエンジンカバーの状態により電磁波の影響が違ってきます。
   
安全にお使いいただくためには こちら
↑このページの一番上へ戻る
お客様サポートカタログ請求ご利用条件プライバシーポリシーサイトマップ