会社案内 調査・試験 製品情報 ペースメーカ・ICD装着者生活サポート情報 ご購入のご案内
トップ製品情報ペースメーカ・ICD・CRT用品MGワークベスト 電磁波防護の基準 > 防護できないもの
ペースメーカ・ICD用
MGワークベストについて
電磁波防護の仕組み
EMSパッド
素材・サイズ
着用方法
洗濯・お手入れ
  ・保管方法
学会発表等
電磁波を発生する機器
  から対応製品を選ぶ
性能一覧表
通信機器
電気製品
家庭用その他機器
外出先
仕事場通信機器
仕事場高電圧機器
医療検査機器
医療治療機器
電磁波防護の基準
◎影響防止確認済のもの
〇指導に従えば防護可能
〇電磁環境調査を行えば
   防護可能

×防護できないもの
施設内ペースメーカ
  影響調査
調査対象施設
調査方法
 ・使用設備・機器書面調査
 ・施設内電磁界測定調査
 ・作業安全確認調査
導入事例
MGワークベストQ&A
製品の内容について
製品の取扱いについて
電磁波について
安全にお使い頂くために
品質保証
医療用電磁波防護服
特殊電磁シールド素材
EMC(電磁不干渉)対策
一般用電磁波防護用品


防護できないもの
1.感電

漏電している電気製品(電動工具、冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機、テレビ、テレビゲーム、パソコン)は防護できません。アースを取り付け漏電を防ぐ必要があります。
(体に感じない程度の感電でも、ペースメーカ・ICD・CRTは誤動作します。)
その他、体に電流を流す機器(体脂肪測定器、低周波治療器、電気治療器)からの感電も防護できません。


2.強力な磁界を発生するもの

 MGワークベストは磁気シールド効果もありますが、強力な磁界を発生する機器を操作する場合は事前に安全確認が必要です。磁石類(大きな磁石、磁気寝具マットや枕、磁気アクセサリー)はペースメーカ・ICD・CRTに直接押し付けない限り、問題はありません。
磁気類をpmに近づけない

病院での検査や治療時について

病院で検査や治療を受ける際はMGワークベストを取り外して下さい。その際、必ずペースメーカ・ICD・CRTを装着していることを医師に伝え、医師の指示に従って検査、治療を行って下さい。



完全に防護できるもの
指導に従えば防護可能
電磁環境調査を行えば防護可能

施設内ペースメーカ影響調査は こちら
↑このページの一番上へ戻る
お客様サポートカタログ請求ご利用条件プライバシーポリシーサイトマップ