会社案内 調査・試験 製品情報 ペースメーカ・ICD装着者生活サポート情報 ご購入のご案内
トップ製品情報ペースメーカ・ICD・CRT用品MGベスト > 電磁波防護の仕組み

ペースメーカ・ICD用
MGベストについて
電磁波防護の仕組み
EMSパッド
MGネット
素材・サイズ
着用方法
洗濯・お手入れ・保管
学会発表等
電磁波を発生する機器
  から対応製品を選ぶ
性能一覧表
通信機器
電気製品
家庭用その他機器
外出先
仕事場通信機器
仕事場高電圧機器
医療検査機器
医療治療機器
電磁波防護の基準
◎影響防止確認済のもの
〇指導に従えば防護可能
×防護できないもの
施設内ペースメーカ
  影響調査
調査対象施設
調査方法
・使用設備・機器書面調査
・施設内電磁界測定調査
・作業安全確認調査
導入事例
MGベストQ&A
製品の内容について
製品の取扱いについて
電磁波の影響について
安全にお使い頂くために
品質保証
モニター様の声
ご購入のご案内
オンラインでご購入
お電話にてご購入
医療用電磁波防護服
特殊電磁シールド素材
EMC(電磁不干渉)対策
一般用電磁波防護用品

MGベストの電磁波防護の仕組みとは---EMSパッドで「交流磁界」、高周波防護ベストで「無線電波」を遮蔽し、ペースメーカの不適切作動を防止します


EMSパッドは、交流磁界を遮蔽します。ペースメーカ・ICD・CRT本体内部のテレメトリコイルとリードが作るコイル面(輪の中)に交流磁界が入射されるとペースメーカ・ICD・CRT不適切作動する原因となります。そのコイル面を覆うように体の前後に「EMSパッド」2枚配置しますと効率よく交流磁界が遮蔽されます。

 また、コイル面の横から交流磁界が入射してきてもコイル面(輪の中)にはほとんど入射されないので、横からの交流磁界の影響は非常に少なく、むしろ回り込みによる前後からの入射の影響の方が大きいので、「EMSパッド」を前後に配置することが最適です。
EMSパッドについて
高周波防護ベストは、無線電波を遮蔽します。交流磁界と同じくコイル面を覆う必要がありますが、無線電波は交流磁界より反射や回り込みの影響が大きいので、ベストの形状にしてペースメーカ・ICD・CRT本体、リード面全体を覆う必要があります。

 例えばループ面の前面だけを覆った場合、後ろからの無線電波の入射が反射により増幅され、ペースメーカ・ICD・CRTが不適切作動を起こしやすくなる可能性があります。
MGネットについて
■ 他社製品との比較
MGベスト 他社
日常生活上の電磁波(交流磁界と無線電波)を発生する機器(携帯電話、アマチュア無線機、電磁調理器、盗難防止装置、エンジン類など)や一部の職場環境に対応しています。 他社では現在ペースメーカ・ICD・CRT電磁波防護服を取り扱っておりません。当社が世界で唯一のペースメーカ・ICD・CRT用電磁波防護服の製造メーカーです。

EMSパッドについては こちら
↑このページの一番上へ戻る
お客様サポートカタログ請求ご利用条件プライバシーポリシーサイトマップ