会社案内 調査・試験 製品情報 ペースメーカ・ICD装着者生活サポート情報 ご購入のご案内
トップ製品情報ペースメーカ・ICD・CRT用品MGベスト > 施設内ペースメーカ影響調査

ペースメーカ・ICD用
MGベストについて
電磁波防護の仕組み
EMSパッド
MGネット
素材・サイズ
着用方法
洗濯・お手入れ・保管
学会発表等
電磁波を発生する機器
  から対応製品を選ぶ
性能一覧表
通信機器
電気製品
家庭用その他機器
外出先
仕事場通信機器
仕事場高電圧機器
医療検査機器
医療治療機器
電磁波防護の基準
◎影響防止確認済のもの
〇指導に従えば防護可能
×防護できないもの
施設内ペースメーカ
  影響調査
調査対象施設
調査方法
・使用設備・機器書面調査
・施設内電磁界測定調査
・作業安全確認調査
導入事例
MGベストQ&A
製品の内容について
製品の取扱いについて
電磁波の影響について
安全にお使い頂くために
品質保証
モニター様の声
ご購入のご案内
オンラインでご購入
お電話にてご購入
医療用電磁波防護服
特殊電磁シールド素材
EMC(電磁不干渉)対策
一般用電磁波防護用品

各種機器がペースメーカ等に影響を与える可能性の有無を調査する

 医療用電気機器のイミュニティやエミッションについては、IEC60601-1-2で規制されており、日本、EU等で医療機器(ペースメーカ等も含まれる)の承認を得るにあたっては、同規格に適合することが条件です。 しかし、同規格に適合していても電磁波を発生する各種機器からの相互干渉リスクはゼロにならないため、ペースメーカ等には添付文書、取扱説明書等で電磁干渉リスクについての警告表示が行われています。

上記の警告表示に従うと、施設によってはペースメーカ等装着者様は仕事に従事することが出来ず、やむなく退職や配置転換を余儀なくされるケースが多くあります。ペースメーカ等を装着された後も、以前と変わらず仕事や日常生活を送ることが出来るよう、当社は調査に基づいて適切な電磁波防護製品のご提案と安全作業のアドバイスをいたします。

当社は総務省、厚生労働省が過去に実施したペースメーカ等の電磁影響調査をベースに独自で実施した電磁的影響試験からペースメーカ等電磁的影響のガイドライン(詳しくはお問い合せ下さい)を策定いたしました。 そのガイドラインに従って、施設内の設備や機器から発生する電磁界を調査し、ペースメーカ・ICD・CRTに影響を与える可能性の有無や注意点や対策方法などを分かりやすく解説いたします。




調査対象施設はこちら
↑このページの一番上へ戻る
お客様サポートカタログ請求ご利用条件プライバシーポリシーサイトマップ