会社案内 調査・試験 製品情報 ペースメーカ・ICD装着者生活サポート情報 ご購入のご案内
トップ製品情報EMC(電磁不干渉)対策 > 導入事例
ペースメーカ・ICD用品
カプセル内視鏡用品
一般用電磁波防護用品
EMC(電磁不干渉)対策


EMSパネル仕様 シールドボックス
電子部品・電子機器製造販売 H社様
【導入目的】
電子回路を試験する際、電源ノイズ(50/60Hz)〜数百kHzのノイズの影響を受け、試験が行えない。
(1)低周波磁界をカットできるシールドボックス
(2)同軸ケーブルをボックス内部に引き込む必要がある
【導入理由】
【品 名】
EMCシールドボックス(EMSパネル仕様)
【サイズ】(外寸)W450 x D450 x H440 (mm)
【納入日】
平成28年10月31日
EMCテント(W270xD180xH200cm/ネット3重)
情報通信システム構築 S社様
【導入目的】
検証で用いる機器が発する電磁波が外部へ漏れ出ないようにするため。主に下記の2項目。
(1)社内無線LAN環境(5GHz帯使用)への干渉を避ける
(2)技適証明が取られていないデバイスを検証する際の電波法対策
【導入理由】
高層棟に入居しているため「防炎対象物品」とみなされると「防炎」製品でないとならないが、
・粗い網目のメッシュ状素材である点、
・スプリンクラーからもテント内部に直接放水される点、
・床や天井に固定せずに自立し、軽量であるため移動が容易である点などから
管轄の消防から「消防法には抵触しない」という確認が取れた点も導入を決めたポイント。
【品 名】
EMCテント(EMCT1827-3) MGネット3重タイプ(40dB)
【サイズ】W2700 x D1800 x H2000 (mm)
【納入日】
平成28年8月30日
EMCテント(W100xD180xH200cm/ネット3重)
電気回路設計開発製造企業 ベトナム法人様
【導入目的】
・ラジオ波の受信テストを行う際に外部への漏洩および外部からの侵入を防ぐため
・既存のシールドボックスだけでは性能が確保できないため
【導入理由】
・既存のシールドボックスと併用するため、作業員1名が入れる大きさでまかなえるが、 通気性や採光性などの作業環境の面からも適していると判断した。
・1年後の弊社によるメンテナンスはテント布のみを弊社に発送することで対応可能。
【品 名】
EMCテント(EMCT1018-3) MGネット3重タイプ(40dB)
【サイズ】W1000 x D1800 x H2000 (mm)
【納入日】
平成28年8月30日
スマホ・タブレット専用シールドケース
地方検察庁様
【導入目的】
電源が入っていないスマートフォン、タブレットを電波が遮蔽された状況(シールドされた状況)で 電源を入れ、携帯電話回線(3G/LTE等)・WiFi通信共に遮断する『フライトモード』に移行させるため。
【導入理由】
試作品の段階で『圏外』の環境が再現できることを確認できたが、 特定の通信事業者における特定の機種のみ『4G回線』ではつながらないものの 『3G回線』で繋がってしまった(電波状況の良くない場所なら『圏外』達成)。 試作品の改良により、その課題をクリアすることができ、仕様条件を満たすことが出来たため。
【品 名】
スマホ・タブレット用シールドケースポーチ
【サイズ】
ケース(試験体収納トレー部):W320xD240xH15mm
※各種スマホ、iPad対応。サイズカスタマイズ可能。
【納入日】
平成28年3月31日
EMCシールドテント
情報通信機器・医療機器・光学機器などの各種電子機器の開発・設計・製造 M社様
【導入目的】
MHz帯未満の周波数帯域を使用する機器の開発で使用。 外来ノイズ(主にAM・FMラジオ、携帯電話の電波)の遮断 (あるいは危機に影響のないレベルまで低下させる)と、、 開発機器からの漏洩電磁波がテント外部へ漏れることを防ぐ、いずれのパターンも想定。
【導入理由】
・通気性、採光性に優れたネット素材が良好な作業環境の構築にも欠かせないという判断。
【品 名】
EMCテント MGネット3重タイプ(35dB)、4面がMGネット、他1面が導電布(向こう正面)
W1800×D1800×H2000mm
【納入日】
平成28年2月
EMCシールドテント
各種映像機器/事務機器/マルチメディア機器開発製造 C社様
【導入目的】
EN/IEC61000-4-2規格に準拠した静電気試験環境にて静電気試験を行う際、 数百MHz〜1GHz、2GHzの周波数のノイズの漏洩を防ぐ目的でシールドテントの使用を検討
【導入理由】
・テント内部からの漏洩を基準以下に抑えることができる。
・特注で大型サイズ(W4000xD3000xH2000mm)の製造が可能。
・設置場所の環境に合わせ、壁に接する側面(2面)は通気性、 採光性を求める必要がないと判断し通常の生地タイプの導電布を用いることで 性能の低下なくコストカットが実現した。
【品 名】
EMCテント MGネット2重タイプ(35dB)、3面がMGネット、他3面が導電布
W4000×D3000×H2000mm
【納入日】
平成27年9月18日
EMCシールドボックス(2台・3台連結タイプ)
株式会社 アイエイアイ 様
【導入目的】
「2015国際ロボット展」 に無線同期システムを使ったデモンストレーションを出展するため。展示会場内のスマートフォンやWi-Fiから発せられる通信ノイズにより、 無線同期システムが動作不能となることを防ぐため。 また、視認性の高いシールドボックスにて展示することを目的とする。
【導入理由】
相見積を取った別の企業様では、製作・納品までの対応であり、実際のシールド性能の測定や測定結果をもとにした修正などの対応は不可であった。
※当社では製作しましたシールドボックスのシールド性能をあらかじめ測定し、測定結果とともに納品いたします。シールド性能にご満足の頂けない場合の改善もお受けいたしております。
【品 名】
EMCシールドボックス MGメッシュ1重タイプ(20dB)
【サイズ】
1台:W1000×D1000×H1500(ボックス:1200、脚部:300)mm
2台連結時:W2000×D1000×H1500(ボックス:1200、脚部:300)mm
3台連結時:W3000×D1000×H1500(ボックス:1200、脚部:300)mm
【納入日】
平成27年7月10日
EMCシールドテント
モバイルアプリ開発メーカー D社様
【導入目的】
・技適マーク(技術基準適合証明等のマーク)がついていなスマートフォンの使用と評価、 あるいはスマートフォンを用いてアプリの動作検証を行う際に、電波法を遵守するため。
【導入理由】
・テント内部からの漏洩を基準以下に抑えることができる。
・テント外部から無線LANのアクセスポイント、電源タップ等を引き込むが 設置場所の環境に合わせて設計できた。また、壁に寄せて設置するため、壁に面する側面(2面)は 通気性、採光性がなくても問題ないという判断で、通常の導電布(ネットではなく生地)で設計できた。
【品 名】
EMCテント MGネット4重タイプ(45dB)、3面がMGネット、他3面が導電布
W1800×D1800×H2000mm
【納入日】
平成27年6月5日
EMCシールドテント(暗室利用可能)
イメージセンサー(撮像素子)開発製造 P社様
【導入目的】
・カメラ・撮像素子の開発段階で外来ノイズをカットした環境で評価試験を行う。
・撮像素子の性能確認で暗室(光を遮った部屋)としても利用できる兼用設備を検討。
【導入理由】
外来電波(携帯電話帯域、地デジ帯域)を遮蔽できる性能と、 撮像素子の性能確認としての暗室の両立ができる設備の実現が可能であったため。 また事務所スペースに設置するため、分解し収納できる点も利便性が高い。
【品 名】
EMCテント MGネット2重タイプ(35dB)
W2700×D2000×H2000mm
【納入日】
平成27年3月26日
EMCシールドテント
国立大学法人 東北大学 様
【導入目的】
電気自動車の非接触充電システムから発生する出力2kW、周波数100kHzの平面波が電波法の定める基準を超えるため、EMCテント内にて実験し、基準値以内にすることを目的とする。
【導入理由】
低い周波数帯域(100kHz帯)に関するシールドデータを提出して頂いた。試験終了後簡便に解体でき保管場所も省スペースである。通気性、採光性が他社製品より優れており作業ストレスが少ない。
【品 名】
ET3627-03 EMCテント MGネット3重タイプ(40dB)
W2700×D3600×H2000mm
【納入日】
平成26年7月11日
EMCシールドルーム(ドアタイプ)
株式会社 リコー 様
【導入目的】
無線LAN機器開発に伴う、周波数帯域2.4GHz〜60GHzの無線電波が、他の機器に干渉しないようにEMC簡易シールドルーム内にて試験することを目的とする。
【導入理由】
デモ器を提供してもらい、実際に試験に役立つレベルのシールド性能があるかどうかを検証できた。通気性、採光性が他社の金属メッシュタイプより優れており、長時間の作業に向いていると判断した。
【品 名】
ET3627-03 EMC簡易ルーム MGネット4重タイプ(45dB)
W2700×D2700×H2000mm
【納入日】
平成26年7月10日
両腕挿入対応 EMCシールドボックス
医薬品メーカー I様
【導入目的】
・マウスに電磁波を浴びせる実験を行う際に、使用する電磁波の外部漏洩の対策。
・ボックス内でマウスを掴んで作業を行う必要があるため、電磁波を遮蔽しつつ 外からの作業が執り行えるような装置の導入。
【導入理由】
デモ用のサンプルを提供してもらい、実際に試験に役立つレベルのシールド性能があるかどうかを検証できた。 外部からボックス内に手を挿し込み作業を行うという特殊な使用環境を実現できた。
【品 名】
特注EMCボックス MGネット2重タイプ(35dB)
W1000×D700×H600mm
【納入日】
平成25年4月12日
EMCシールドテント
国立大学法人 豊橋技術科学大学 様
【導入目的】
電波法の定める基準を超える電波が発生する可能性があるため、EMCテント内で実験することを目的とする。
【導入理由】
デモ器を提供してもらい、実際に試験に役立つレベルのシールド性能があるかどうかを検証できた。試験終了後簡便に解体でき、保管場所も省スペースである。通気性、採光性が他社製品より優れており作業ストレスが少ない。
【品 名】
ET1818-2 EMCテント MGネット2重タイプ(35dB)
W1800×D1800×H2000mm
【納入日】
平成25年3月19日
EMCシールドボックス(卓上型)
同志社大学大学院 工学研究科 様
【導入目的】
ナノ振動の計測モニターが外来ノイズの影響で日中の計測が不能。外来ノイズが減少する深夜の時間帯でしか計測できない。ナノ振動測定装置全体をシールドし、日中でも計測できるようにすることを目的とする。
【導入理由】
デモ器を提供してもらい、実際に試験に役立つレベルのシールド性能があるかどうかを検証できた。 EMCボックス内にある計器を観察する必要があり、EMCボックス外から計器を目視する必要があり、本製品のみが可能であった。通気性、放熱性が他社製品より優れており、内部の機器環境にも良いと判断した。
【品 名】
卓上型EMCシールドボックス MGネット4重タイプ(45dB)
【納入日】
平成20年9月14日


各種EMC対策製品の見積ご依頼は こちら

↑このページの一番上へ戻る
お客様サポートカタログ請求ご利用条件プライバシーポリシーサイトマップ