会社案内 調査・試験 製品情報 ペースメーカ・ICD装着者生活サポート情報 ご購入のご案内
トップ 製品情報一般用電磁波防護用品 IH安心エプロン業務用 > 電磁波防護の仕組み
ペースメーカ・ICD用
医療用電磁波防護服
特殊電磁シールド素材
EMC(電磁不干渉)対策
一般用電磁波防護用品
IH安心エプロン業務用について
  電磁波防護の仕組み
  EMSパッド
  カラー・素材・サイズ
性能試験データ
着用方法
洗濯方法
Q&A
安全にお使い頂く為に
品質保証(EMSパッド)
ご購入のご案内
 オンラインでご購入
 お電話にてご購入
IH安心エプロン 電磁波防護のしくみ
IH安心エプロンの電磁波防護のしくみ

EMCパッド(特許出願中)は従来製品ではまったく防護性能がなかった IHクッキングヒーター(IH調理器)などから発生する低周波磁界を遮蔽します。
最大透磁率70,000のナノ結晶磁性体層と導電性の高いアルミ層が複合することにより、低周波磁界のエネルギーが迂回します。 さらに反射、吸収を繰り返し低周波磁界を減衰させます。

ナノ結晶磁性材は、Fe2O3(三酸化二鉄)を主成分にして、これにSi(シリコン)とB(ボロン)およびCu(銅)とNb(ニオブ)などを添加した高温融液を約100万℃/秒で急冷固化したアモルファス(非晶質)を結晶化温度以上で熱処理し、 結晶粒径を10nm(nm:ナノメータ、1nm=0.001μm=百万分の1mm)程度まで小さくしたものを20μm程度の薄膜にし、ポリカーボネイトフィルムにホットメルトしたフィルム状のシートです。結晶の微細化により磁気特性はアモルファスのときに比べて大幅に向上します。

磁界シールドは磁性材だけでは十分な性能を得るには厚みが必要になります。
磁界遮蔽効果の理論式に基づき透磁率の高い磁性素材と導電率の高い導電素材を多層化することにより、より効率的な薄型の磁界遮蔽素材EMSパッドを開発しました。
(参考:EMSパッド素材性能試験)
 
EMSパッドについては こちら
↑このページの一番上へ戻る
お客様サポートカタログ請求ご利用条件プライバシーポリシーサイトマップ